トップページ > 困った時は >  その他

その他

糸コマ押さえの用途

糸コマには下記のタイプがあります。

●切り込みがあるタイプ
糸コマ1.jpg

●糸を巻いて止めるタイプ

糸コマをミシンにセットするときに切り込みを糸の出る方向に向けてしまったら切り込みに糸が引っ掛かり縫えないことがあります。
糸を巻いて止めるタイプは切り込みはなく、糸が引っ掛かることはありませんが糸コマを落としたりして、糸コマの周りにキズが出来てしまったりしたらキズに糸が引っ掛かる恐れが出てきます。

そんな時のために糸コマ押さえを使用します。
糸コマ押さえ使用時.jpg

奥までセットする事で、糸が糸コマ押さえの周りからスムーズに出る事が出来ます。

糸コマ押さえは糸コマを押さえるだけが役割ではなく、糸コマから糸を引き出しやすくする役割も持っています。





このページのトップへ↑

ミシンの電気代

月電気代計算式 ※あくまで目安です。

W(ワット数)÷1,000×○時間/月(平均1日使用時間×30日)×22円/kh(電気料目安)

=目安電気代/月


例:55Wのミシンを毎日1時間で1か月使用時

55W÷1,000×30時間(1時間×30日)×22円/kh

=約36円/月

毎日1時間使用して1カ月に36円の電気代となります。


このページのトップへ↑